Uzumeロゴ_黒.png

Uzume

Uzume(ウズメ)は、代表 村松洸希・雲母翔太・佐野祐介による劇団。

それぞれの個性が混ざり合い、 スタイルに囚われない、

力強くスピード感のある作品を作り上げる。

演劇を創る場所、新たな演劇の創作活動を行い、

「虚構とリアリズムの融合」をテーマに、

過去プロデュース公演を含め7公演を上演。

Uzume第1回公演 「屋根の下に咲く花」(2016年)が初演。

以降公演を重ねる度に動員数を増やし、

これまでの公演では延べ3000人を動員。

2020年には代表 村松洸希が手がける本公演「マトリョーシカ」を2年ぶりに上演。

今年2022年1本目の本公演「ボーダレス」では 佐野祐介が初脚本に挑む。